モチベーションを上げる方法

部長や管理職、社長といった人の上に立つ役職の人は、部下に上手く仕事をさせる話術が必要です。
そして部下に仕事をさせることとプレゼンで契約を貰うことには共通点があります。
それはどちらも、相手を説得させるという点です。
私達は様々な場面で、周りの人を動かす必要に迫られます。
部下に対して、お客様に対して、同僚に対して、家族に対して・・ 人を動かす為には、論理構築、聞く力、他人に対する思いやり、情熱など様々な力が必要になってきますが、今回は、「プレゼンテーション技術」を取り上げてみたいと思います。
プレゼンテーション技術とは、「こちの思いを、正しく伝える力」の事です。
伝えた結果、相手に正しい理解をうみ、モチベーションを上げていく力の事です。
相手の目と耳と創造力をフルに利用していき、こちらの意図を分かりやすく伝えて、しっかり理解してもらう必要があります。
その為に7つの技術をまとめてみました。
孫正義氏にプレゼンし続け、ソフトバンクアカデミアで年間1位の成績を修めたーーそれがYahoo!アカデミア学長の伊藤羊一さんだ。
いわば「学びのプロフェッショナル」といっていい。
彼は「ビジネスの世界でも日々の“練習”が必要だ」と語ってくれた。
伊藤さんと共に「学びの本質」に迫っていこう。
モチベーションを高め、維持させるのには工夫が必要です。
何も楽しいことが無いのにモチベーションなんて上がらないよ。
そうお思いの方も多いと思います。
感情をコントロールし、モチベーションを維持する「工夫」を見つけましょう。
本連載では、あるコンサルタント企業を舞台にして、企業活動とは切っても切れない“コンプライアンス”に関するトピックを、小説の随所にちりばめて解説していく。
パワハラかどうかは、被害者の受け止め方次第女子体操競技の宮川紗江選手が、日本体操協会の塚原光男副会長、塚原千恵子女子強化本部長夫妻をパワハラで訴えた。
【PR】 『やる気になる』という意味合いで熟語では、どのようなことばになるのでしょうか?教えてください。
よろしくお願いします!モチベーション維持