同僚のワキガが気になるときには

会社の同僚が腋臭持ちだった場合、どのように対処していけばいいのでしょうか。
個人でも飲みに行けるような深い付き合いの場合、直接伝えてしまっても角は立たないでしょう。
もちろん、関係を崩さず相手を過度に傷つけないように、精いっぱいの配慮をする必要はあります。
少々話す程度という場合には、対処に悩むかもしれません。
そこまで信頼関係が築けていないわけですから、直接伝えるのは良策とは言えません。
社内の人間関係が一気に悪化してしまい、部内で厄介者扱いされてしまう可能性すらあります。
会社の内部での問題なのですから、基本的には上司に相談をするようにするといいでしょう。
もちろん対処を嫌がる上司もいるかもしれませんが、部下の管理も仕事の一種。
責任を取らなければならない立場なのですから我慢をしてもらうようにしましょう。
この際、一人だけで陰口のように伝えてしまうと、その旨が相手に知られてしまうリスクもあります。
できれば他の同僚と数人で上司に話を持っていくようにした方がいいかもしれません。
一人の体臭はオフィス全体の空気を汚染してしまう可能性があります。
自分だけの問題ではなく、社内全体の問題なんだということを強調していくと良いでしょう。
特に接客を伴うようなビジネスの場合には、対処を行うように指導しやすくなるので簡単かもしれません。
具体的な改善の方法としては、デオドラントスプレーなどで予防をしてもらう・手術をして治療してもらうというようなものが考えられます。